サービス

ホーム > サービス > 知財コンサルティング

知財コンサルティング

知財コンサルティングサービス概要

長年に渡る豊富な顧問契約実績に基づき、各種サポートを行います。

当法人では、前身である足立国際特許事務所創立以来、様々なお客様に対して知的財産という観点からのサポートをさせていただいております。その結果、発明が生まれてから出願に至るまでの段階で企業価値を高めるためのサポートや、権利活用の場面・他社からの攻撃に対応する場面でのサポート、さらには知財部門が脆弱なお客様にはアウトソーシング的なサポートなど、多様なニーズに対応したサポート業務を提供させていただいております。

サービス例

ここでは、その一部である「特許出願までの流れ」に着目したサポート内容(サポート実績)をご説明させていただきます。

図:知財コンサルティングサービス概要

【1】「発明の発掘」段階における知財コンサルティング

(1) アイディアの提供
当法人では、クライアントのご要望に応じて、アイディアを提供させていただきます。当法人からのアイディアを基に特許出願した例は多数あります。
(2) 発明の創出・抽出
知財担当者や技術者と打合せを行い、その中で、例えば、発明者のアイディアを掘り下げる、発明者のアイディアを具現化する、という過程を通して、発明の創出・抽出をサポートします。場合によっては、担当者が定期的に訪問させていただきます。

【2】「分析」段階における知財コンサルティング

(3) 先行技術調査
同一の発明や類似の発明が出願されていないか、先行文献を調査します。
(4) 動向・傾向調査
例えば、ある分野についての出願件数の増減に関して調査したり、ある分野についてどういった技術が出願されているかに関して調査します。場合によっては、パテントマップを作成して検討します。
(5) 特許性判定
発明の特許性(新規性、進歩性)について、その発明と従来技術とを比較検討してコメントします。また、付加的なアイディアや、出願に際しての注意点等があれば、コメントします。

【3】「方針立案」段階における知財コンサルティング

(6) 出願方針立案

発明について、出願するか否か(出願すべきか否か)を検討します。特許取得の可能性、事業性、出願コスト、等、様々な観点から検討させていただきます。
また、出願するにあたり、内容(実施例、実験データ等)の更なる補充が必要か否か、ということを検討します。内容の補充が必要と判断した場合には、具体的に補充が必要な内容をアドバイスします。

なお、研究・開発方針の立案のサポートもさせていただきます。例えば、お客様が研究・開発を進める技術分野に関して、同一・類似の従来技術が発見された場合に、研究・開発方針の修正、方針の新たな立案、等につき、お客様と共に検討させていただき、アドバイスさせていただきます。

これまでの知財コンサルティング実績

顧問契約に基づくサポート

約20社以上が当法人による継続的なサポートをご希望されて当法人と顧問契約を結んでおり、当法人では、契約内容に応じたサポートを継続的に行っています。顧問契約について、長いところでは、顧問契約期間が継続して20年以上の会社もあります。

個々のご依頼に応じたサポート

顧問契約ではなく、期限付き(例えばプロジェクトが終了するまで)で個別にご依頼いただくケースもあります。現在では、数社(大手企業、中小企業)から、そのような知財に関するサポートのご依頼をいただいており、お客様のニーズに応じてカスタマイズしたサービス内容にて、サポートを行っております。

クライアントのご要望に応じた形態で知財に関するサポートを行っております。継続的なサポートは勿論可能ですが、『必要とされるサポート』を『必要なときにだけ』当法人から提供させていただく、という形態もとり得ます。
「このようなことを依頼してもやってもらえないのでは…」とお考えにならず、まずはご相談ください。貴社の知的財産が十分に活用されますよう各種サポートでお役に立ちたいと思います。そして、貴社の発展に貢献させていただきたいと思います。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る

ホーム > サービス > 知財コンサルティング