ソフトウエア特許について知財高裁が第一審の判断を取り消し認容判決(知財高裁平成21年2月18日(平成20年(ネ)第10065号)) | 新着情報 | 名古屋国際特許業務法人[名古屋・東京]

新着情報

ホーム > 新着情報 > ソフトウエア特許について知財高裁が第一審の判断を取り消し認容判決(知財高裁平成21年2月18日(平成20年(ネ)第10065号))


ソフトウエア特許について知財高裁が第一審の判断を取り消し認容判決(知財高裁平成21年2月18日(平成20年(ネ)第10065号))

1 はじめに
特許侵害訴訟における裁判所の判断は、権利者に厳しい傾向にあるといわれてきました。しかしながら、最近では権利者に有利な判断が出される場合も増えてきているといわれています。

ここで紹介する知財高裁の裁判例も、ソフトウエア特許の侵害事件について、原告の請求を棄却した第一審判決を取り消し、特許権利者の請求を認容するとの判断をしました(裁判長は飯村敏明判事)。

知財高裁が特許侵害事件において第一審の棄却判決を取り消して侵害を認容する例は、平成19年には一件もなかったとされており、いよいよ特許権利者にも裁判所による救済の途が開かれるのではないかとの期待がもたれます。

2 概要
事案の詳細は下記HP(※1,※2)から参照していただくとして、ここでは争点と判断のポイントだけに絞って検討します。

本件では、特許請求の範囲の文言「接続信号中の応答メッセージ」の解釈が問題になり、第一審では可聴音に限られると判断しまして、侵害はないと結論付けました。しかしながら、控訴審(知財高裁)では可聴音に限られるものでないと判断して、侵害を認めました。

ほとんど同じ事実と証拠を前提にしていながら、なぜ第一審と控訴審で判断が違ったのでしょうか?

3 第一審判決(東京地裁平成20年7月24日※1
第一審判決はこれまで多くの裁判例がしてきた論理の流れで権利範囲を限定的に解釈しています。

<第一審判決>
■争点
 特許請求の範囲の語句「X」にAは含まれるか?

■判断の流れ
(1)特許請求の範囲の記載を検討する
(2)「X」の一般的意味は多義的(広辞苑など)である
(3)発明の詳細な説明を参酌する
(4)実施例では「X」はBの意味として使用している
(5)「X」につきB以外の意味と解する記載はない
よって、「X」はAを含まない(非侵害の結論)

■判断のポイント
語句の相互関係をあまり考慮せず、「X」(応答メッセージ)という一つの語を単独に解釈して実施例の意味に限定しています。

4 控訴審判決(知財高裁平成21年2月18日※2
控訴審は語句間の関連性を重視して実施例はあくまで例示であるとしました。

<控訴審判決>
■争点
特許請求の範囲の文言「X」にAは含まれるか?

■判断の流れ
(1)特許請求の範囲に「X」の具体的な内容について格別の記載はない
(2)発明の詳細な説明を参酌する
(3)明細書の記載と一般的意味(広辞苑から)を併せて解釈する
(4)ところで「X’」はAも含むとする記載がある
(5)特許請求の範囲から「X」は「X’」を前提とする
(6)実施例では「X」はBの意味だが例示にすぎない
(7)「X」につきBに限定する記載はない
よって、「X」はAも含む(侵害の結論)

■判断のポイント
特許請求の範囲には「接続信号中の応答メッセージ」と記載されていました。この語句の関連性を重視して、「X」(応答メッセージ)の意味については、「X’」(接続信号)の意味が前提となるとした点が、第一審との違いとなっています。

5 考察
この知財高裁判決は、特許請求の範囲に記載される語句が、多義的であったり不明確だったりした場合、実施例に記載された意味の範囲に限定されるという従来の流れに、例外的場合があることを認めたものであり、ソフトウエア特許の権利行使を検討する上で意義があると考えられます。

この裁判例の論理の流れと前提となる要件については注意深く検討して、今後権利行使をするにあたっては十分に生かす必要があります。

ただ、この知財高裁裁判例を前提にして実際に特許権の侵害の有無を判断することが容易であるというわけではありません。

それは、例えば、判断にあたっては、「極性反転信号」の記載についての技術的意味、出願当時の技術水準を判断する上でISDN技術がどのように関連するのか、といった技術的専門的観点から総合的に検討を加えることが不可欠となるからです。

また当然ながら自由心証主義が支配する裁判所の判断では、妥当な結論が最重視されることから、表面的な論理構成だけに囚われるのも危険です。

6 今後に向けて
いずれにしてもこの知財高裁の裁判例をきっかけに、今後は地裁でも、ソフトウエア特許について権利者の請求を認める場合が増えることが期待されます。

当法人ではこのような最新の裁判例を研究し、これまで難しいとされていた特許の権利行使について全面的にサポートします。例えば、最新の裁判例を前提に特許侵害の有無について簡易な鑑定をさせていただくことも可能です。お気軽にお問い合わせください。

※1
平成19年(ワ)第32525号特許権侵害差止請求事件 全文

※2
平成20年(ネ)第10065号特許権侵害差止請求控訴事件 全文


弁護士・弁理士 水野健司

  • tweet
  • Share

国内知財情報

2018年5月31日 法改正(2018年6月9日施行)
2018年5月16日 東海地方の中小企業を対象とする外国出願補助金のご紹介
2018年2月15日 「特許戦略ポータルサイト」~「自己分析用データ」提供サービスのご紹介~
2016年6月14日 平成28年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業等外国出願支援事業)
2016年4月5日 プロダクト・バイ・プロセス・クレームの「物」の発明から「物を生産する方法」の発明へのカテゴリー変更を含む訂正審判事件の審決について
2016年4月1日 研究論文だけで簡易な特許出願ができます
2016年2月1日 食品の用途発明に関する審査の取扱いについて
2016年1月29日 特許料等の料金改定について(平成28年4月1日施行)
2015年8月10日 プロダクト・バイ・プロセス・クレームの訂正手続について
2015年3月27日 特許異議申し立て制度に関して
2014年5月28日 外国出願にかかる費用の半額補助(中部管内の実施状況)
2014年5月24日 特許法等の一部を改正する法律(平成26年5月14日法律第36号)の公布について
2014年5月23日 平成26年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業外国出願支援事業)
2014年5月16日 日本貿易振興機構(JETRO) 海外における知的財産権の侵害調査および権利行使(中小企業海外侵害対策支援事 業)
2014年4月1日 前置報告を利用した審尋の運用変更について
2014年2月25日 東京都知的財産総合センター 「平成26年度 第1回知的財産に関する助成事業説明会のご案内」
2014年2月21日 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業 (新ものづくり補助金)
2014年1月16日 中小・ベンチャー企業、小規模企業の特許料が約1/3 に!!
2013年12月28日 産業競争力強化法に基づく特許料等の軽減措置について
2013年11月22日 中小企業の特許庁手数料
2013年10月4日 知的財産権を利用したローン
2013年9月18日 科学技術振興機構  A-STEP:第三回公募(【FSステージ】シーズ顕在化タイプ)及び応募相談会
2013年9月16日 経済産業省:営業秘密 ~営業秘密を守り活用する~
2013年8月21日 平成25年度 第2回 知的財産に関する助成事業説明会のご案内 東京都知的財産総合センター
2013年7月18日 愛知県内中小企業の特許・実用新案・意匠・商標の外国出願助成金(平成25年度第2回募集)
2013年7月18日 岐阜県内中小企業の外国出願(特許、実用新案、意匠、商標)支援事業 ~二次募集のご案内~
2013年4月25日 愛知県内中小企業の特許・実用新案・意匠・商標の外国出願助成金
2012年7月23日 特許料等の減免制度
2012年4月16日 登録となった特許を活用するために
2012年1月25日 意匠登録料の改定(値下げ)について
2012年1月17日 審査請求料の納付繰延制度の終了について
2011年10月13日 著作権者の承諾を得なくても著作物を利用できる場合について
2011年10月6日 著作権判例紹介:ときめきメモリアル事件、三国志III事件
2011年9月30日 「明細書及び特許請求の範囲の記載要件(36条)」の審査基準改訂
2011年8月9日 著作権判例紹介:ロクラクII事件
2011年7月8日 出願審査請求料改正のお知らせ
2011年7月4日 著作権判例紹介:まねきTV事件
2011年1月20日 中小企業等特許先行技術調査事業(※今年度で終了)
2010年10月15日 平成22年度(予備費事業)戦略的基盤技術高度化支援事業の公募についてのお知らせ
2010年9月17日 新技術開発助成のお知らせ(財団法人新技術開発財団)/募集期間:10月1日~10月20日
2010年9月1日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(商標)
2010年6月22日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第10回)
2010年6月18日 新規性喪失の例外の適用について
2010年6月15日 外国出願の補助金
2010年5月28日 愛知県海外特許等取得・知的財産活用促進事業費について
2010年5月14日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(意匠2)
2010年4月20日 著作権の移転登録について
2010年4月16日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(意匠1)
2010年4月13日 著作物の利用について
2010年4月2日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許7)
2010年3月19日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許6)
2010年3月12日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第9回)
2010年2月26日 『進歩性』のケーススタディの公開
2010年2月23日 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権などの知的財産権の侵害品
2010年2月16日 進歩性について (7) 最近の裁判例(平成21年(行ケ)第10265号)
2010年2月9日 特許・実用新案審査基準HTML版の有用活用
2010年1月19日 進歩性について (6) 最近の裁判例(平成21年(行ケ)第10080号)
2010年1月12日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第8回)
2009年12月16日 特許活用企業事例集の紹介
2009年12月8日 進歩性について (5) 最近の裁判例(平成20年(行ケ)第10096号)
2009年11月24日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第7回)
2009年11月20日 歴史上の人物名からなる商標登録出願の取扱いについて~審査便覧が改訂されました~
2009年11月16日 早期審査の事例紹介
2009年11月9日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許5)
2009年11月5日 「産業上利用することができる発明」、「医薬発明」の改訂について
2009年11月3日 早期権利化のための制度紹介(グリーン早期審査)
2009年11月2日 進歩性について (4) 近年の進歩性判断基準の傾向
2009年10月29日 2009年度休日パテントセミナーin名古屋のご報告
2009年10月22日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許4)
2009年10月14日 特許等の出願費用に対する資金的支援制度の紹介(第2回目)
2009年10月8日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許3)
2009年10月2日 早期権利化のための制度紹介(特許出願におけるその他の制度)
2009年9月24日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許2)
2009年9月18日 知的財産戦略を実行するメリット、持たない場合のデメリット
2009年9月9日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許1)
2009年9月1日 特許侵害を主張する外資系企業との交渉について
2009年8月21日 早期権利化のための制度紹介(特許出願における面接制度)
2009年8月18日 シフト補正の禁止 国内優先権主張出願の場合の適用について
2009年8月15日 「特許戦略ポータルサイト」の紹介
2009年8月10日 特許権行使の戦略的な意味について
2009年8月7日 特許等の出願費用に対する資金的支援制度の紹介(第1回目)
2009年8月4日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第6回)
2009年7月16日 設計事項について
2009年7月13日 不正競争を根拠とする商品等表示の差止が認められた事例
2009年7月10日 早期権利化のための制度紹介(特許における早期審査制度)
2009年7月7日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第5回)
2009年7月1日 進歩性について (3)相違点に関する容易性の判断
2009年6月15日 拒絶理由通知について
2009年6月4日 他社に製品のデザインを真似されたら~意匠登録がない場合
2009年6月1日 進歩性について (2)本件発明の要旨認定~一致点・相違点の認定
2009年5月29日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第4回)
2009年5月11日 進歩性について (1)判断手順
2009年5月7日 審査請求料返還制度のご紹介
2009年4月28日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第3回)
2009年4月13日 中小企業等特許先行技術調査事業のご紹介
2009年4月9日 ソフトウエア特許について知財高裁が第一審の判断を取り消し認容判決(知財高裁平成21年2月18日(平成20年(ネ)第10065号))
2009年4月6日 審査請求料の納付繰延制度
2009年3月30日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第2回)
2009年3月26日 「特許検索ポータルサイト」の紹介
2009年3月20日 分割出願可能な時期について:改正法情報
2009年3月16日 特許出願技術動向の調査の活用
2009年3月12日 プログラムが「著作物」と認められない場合について
2009年3月6日 日本において全体意匠出願の後に部分意匠出願する場合の注意点
2009年2月27日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第1回)
2009年2月6日 微生物の寄託について
2009年2月4日 早期権利化のための制度紹介(早期審査、早期審理、面接、他)
2009年1月13日 平成20年法律改正(平成20年法律第16号)解説書について
2009年1月5日 特許・実用新案の出願様式の変更についての詳細情報
2008年12月23日 特許・実用新案の出願様式の変更

ページの先頭に戻る

ホーム > 新着情報 > ソフトウエア特許について知財高裁が第一審の判断を取り消し認容判決(知財高裁平成21年2月18日(平成20年(ネ)第10065号))