新着情報

ホーム > 新着情報 > 著作権判例紹介:ときめきメモリアル事件、三国志III事件


著作権判例紹介:ときめきメモリアル事件、三国志III事件

 著作権法上の同一性保持権(著作権法第20条)の侵害か否かが争われた2件の事件を紹介します。一方は侵害が認定され、他方は侵害が否定されました。

1.ときめきメモリアル事件
  同一性保持権の侵害を認定

2.三国志III事件
  同一性保持権の侵害を否定

事件の概要等は以下を参照ください。

ときめきメモリアル事件(H13.2.13)三国志III能力値付加事件(H11.3.18)
事件の概要■当事者
X(原告):コンピュータゲームソフトについて著作者人格権を有する。
Y(被告):ゲームソフト用のパラメータを収めるメモリカードを輸入・販売。
■当事者
X(原告):三国志IIIを販売。
Y(被告):三国志III非公式ガイドブックを販売。データ登録用プログラム(Yプログラム)を含む。
■恋愛シミュレーションゲーム
・プレイヤーが架空の高等学校の生徒となって、卒業式の当日、憧れの女生徒から告白を受けることを目指して自らの能力を高めていく。
・9種の表パラメータ、3種の隠しパラメータが存在する。
・初期設定の能力値からスタートし、これを向上させていく。
・最終的に到達したパラメータの数値により女生徒から告白を受けることができるか否かが決定される。
■歴史シミュレーションゲーム
・登場人物の能力が六つの要素に分類され、1~100の範囲で能力値が設定される。
・ユーザは、本件著作物中のデータ登録用プログラム(Xプログラム)を用い、登場人物を新たに作り出して、能力値を、六つの要素毎に、1~100の範囲で設定可能。
・各登場人物の能力値等を基に、場面が展開する。
・Yのメモリカードには、プレイヤーの操作のみでは到達し得ない高い数値のパラメータが設定されていた。
・本来は登場し得ない女生徒が登場する、ゲームスタート時点が卒業間近に飛ぶ。プレイしなくても、告白を受けることができる。
・Yプログラムを用いれば、ユーザは、100を超える能力値を設定することが可能。
判旨同一性保持件の侵害認定同一性保持件の侵害否定
・パラメータはそれによって主人公の人物像を表現し、その変化に応じてストーリーが展開する。
・メモリカードの使用により、パラメータによって表現される主人公の人物像が改変され、その結果、ストーリーが本来予定された範囲を超えて展開される。
・能力値が、Xプログラムによるものを超えて設定されてメインプログラムに渡された場合のゲームの展開により、ストーリーがどのように具体的に改変されるに至るかの事実関係は明らかでない。


[考察]

(A)両事件の共通点
 両事件で共通する点は、プログラムを書き換えて登場人物の能力値(パラメータ)を変更している点です。なお、プログラムとは、一の結果を得ることができるようにこれに対する指令を組み合わせたものとして表現したもの、と定義付けることができます。

(B)プログラムの著作物の観点から
 プログラムも著作物たり得るものであり、そうであるならば、両事件におけるプログラムの書き換えは、著作物たるプログラムの改変に当たると考えられなくもありません。
 しかしながら、三国志III事件では、被告の行為につき「プログラムの著作物」の改変には当たらないと認定されました。
 三国志III事件では、書き換えの対象はプログラムというよりもパラメータを格納するデータ・ファイルであり、データ・ファイル自体はプログラムではないと裁判所は認定したと思われます。換言すれば、裁判所は、ゲームソフトウェアを、プログラム部分と、各プログラムによって処理されるデータ部分とに明確に切り分け、データ部分(データ・ファイルはデータ部分に相当)について著作物性を否定した(データ部分の改変を同一性保持権の侵害と認めなかった)、とも考えられます。
 なお、ときめきメモリアル事件では、このような部分につき特に触れられていません。

(C)両事件の結論の相違について
 さらに、三国志III事件において、裁判所は、能力値の変更により本件ゲームの展開(ストーリー)が具体的にどのように改変されるかについて明らかでない、として、著作物の改変行為(同一性保持権の侵害)を否定しました。ここで、「著作物」と言ったときには、「プログラムの著作物」、「映画の著作物」、「ゲームの著作物」(原告が主張)、等の種類が考えられます。
 「プログラムの著作物」の改変に当たるか否かについては、前述のように裁判所は否定しました。
 「映画の著作物」の改変に当たるか否かにつき、裁判所は、ここでいう「著作物」は「映画の著作物」ではないとしました。具体的には、本件ゲームにつき、「静止画が圧倒的に多く、しかも定型データを用いて同じ内容の定型的な画像及び効果音が現れるにとどまり、本件ゲームが、映画の効果に類似する視覚的又は視聴覚的効果を生じさせる方法で表現されているものと認められず、本件著作物が、映画ないしこれに類する著作物に該当するということはできない。」と判示しました。これは、本件著作物には映画のようなストーリー性がないという認定である、とも言えます。
 原告が主張した「ゲームの著作物」については、著作権法にゲームの著作物そのものを定義付ける規定はないとして否定しました。
 結局、三国志III事件では「著作物」の改変は認定されませんでした。 

 これに対し、ときめきメモリアル事件では、「・・・設定されたパラメータによって表現される主人公の人物像が改変されるとともに、その結果、本件ゲームソフトのストーリーが本来予定された範囲を超えて展開され、ストーリーの改変をもたらすことになるからである。」(下線は筆者が付記)と判示され、「著作物」の改変が認定されました。
 ここで、「著作物」が何の著作物であるかにつき、第二審において、「ゲーム映像の著作物」という新しい概念が打ち出されました。ただし、最高裁は、著作物が「映画(ゲーム映像)の著作物」であるか否かについては言及しませんでした。

 両事件を比較して整理すると、著作物の改変に当たるか否かの判断に際して、
 1)明確なストーリー性が存在するか(明確なストーリー性を有する著作物が存在するか)
 2)そのストーリー性の具体的な改変が存在するか
 が判断基準とされています。
 ときめきメモリアル事件では、明確なストーリー性の存在及びそのストーリー性の改変が認定されて同一性保持権の侵害が認められました。
 一方、三国志III事件では、明確なストーリー性の存在及びそのストーリー性の改変が否定されました。


弁理士 岩田誠

  • tweet
  • Share

国内知財情報

2018年5月31日 法改正(2018年6月9日施行)
2018年5月16日 東海地方の中小企業を対象とする外国出願補助金のご紹介
2018年2月15日 「特許戦略ポータルサイト」~「自己分析用データ」提供サービスのご紹介~
2016年6月14日 平成28年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業等外国出願支援事業)
2016年4月5日 プロダクト・バイ・プロセス・クレームの「物」の発明から「物を生産する方法」の発明へのカテゴリー変更を含む訂正審判事件の審決について
2016年4月1日 研究論文だけで簡易な特許出願ができます
2016年2月1日 食品の用途発明に関する審査の取扱いについて
2016年1月29日 特許料等の料金改定について(平成28年4月1日施行)
2015年8月10日 プロダクト・バイ・プロセス・クレームの訂正手続について
2015年3月27日 特許異議申し立て制度に関して
2014年5月28日 外国出願にかかる費用の半額補助(中部管内の実施状況)
2014年5月24日 特許法等の一部を改正する法律(平成26年5月14日法律第36号)の公布について
2014年5月23日 平成26年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業外国出願支援事業)
2014年5月16日 日本貿易振興機構(JETRO) 海外における知的財産権の侵害調査および権利行使(中小企業海外侵害対策支援事 業)
2014年4月1日 前置報告を利用した審尋の運用変更について
2014年2月25日 東京都知的財産総合センター 「平成26年度 第1回知的財産に関する助成事業説明会のご案内」
2014年2月21日 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業 (新ものづくり補助金)
2014年1月16日 中小・ベンチャー企業、小規模企業の特許料が約1/3 に!!
2013年12月28日 産業競争力強化法に基づく特許料等の軽減措置について
2013年11月22日 中小企業の特許庁手数料
2013年10月4日 知的財産権を利用したローン
2013年9月18日 科学技術振興機構  A-STEP:第三回公募(【FSステージ】シーズ顕在化タイプ)及び応募相談会
2013年9月16日 経済産業省:営業秘密 ~営業秘密を守り活用する~
2013年8月21日 平成25年度 第2回 知的財産に関する助成事業説明会のご案内 東京都知的財産総合センター
2013年7月18日 愛知県内中小企業の特許・実用新案・意匠・商標の外国出願助成金(平成25年度第2回募集)
2013年7月18日 岐阜県内中小企業の外国出願(特許、実用新案、意匠、商標)支援事業 ~二次募集のご案内~
2013年4月25日 愛知県内中小企業の特許・実用新案・意匠・商標の外国出願助成金
2012年7月23日 特許料等の減免制度
2012年4月16日 登録となった特許を活用するために
2012年1月25日 意匠登録料の改定(値下げ)について
2012年1月17日 審査請求料の納付繰延制度の終了について
2011年10月13日 著作権者の承諾を得なくても著作物を利用できる場合について
2011年10月6日 著作権判例紹介:ときめきメモリアル事件、三国志III事件
2011年9月30日 「明細書及び特許請求の範囲の記載要件(36条)」の審査基準改訂
2011年8月9日 著作権判例紹介:ロクラクII事件
2011年7月8日 出願審査請求料改正のお知らせ
2011年7月4日 著作権判例紹介:まねきTV事件
2011年1月20日 中小企業等特許先行技術調査事業(※今年度で終了)
2010年10月15日 平成22年度(予備費事業)戦略的基盤技術高度化支援事業の公募についてのお知らせ
2010年9月17日 新技術開発助成のお知らせ(財団法人新技術開発財団)/募集期間:10月1日~10月20日
2010年9月1日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(商標)
2010年6月22日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第10回)
2010年6月18日 新規性喪失の例外の適用について
2010年6月15日 外国出願の補助金
2010年5月28日 愛知県海外特許等取得・知的財産活用促進事業費について
2010年5月14日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(意匠2)
2010年4月20日 著作権の移転登録について
2010年4月16日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(意匠1)
2010年4月13日 著作物の利用について
2010年4月2日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許7)
2010年3月19日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許6)
2010年3月12日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第9回)
2010年2月26日 『進歩性』のケーススタディの公開
2010年2月23日 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権などの知的財産権の侵害品
2010年2月16日 進歩性について (7) 最近の裁判例(平成21年(行ケ)第10265号)
2010年2月9日 特許・実用新案審査基準HTML版の有用活用
2010年1月19日 進歩性について (6) 最近の裁判例(平成21年(行ケ)第10080号)
2010年1月12日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第8回)
2009年12月16日 特許活用企業事例集の紹介
2009年12月8日 進歩性について (5) 最近の裁判例(平成20年(行ケ)第10096号)
2009年11月24日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第7回)
2009年11月20日 歴史上の人物名からなる商標登録出願の取扱いについて~審査便覧が改訂されました~
2009年11月16日 早期審査の事例紹介
2009年11月9日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許5)
2009年11月5日 「産業上利用することができる発明」、「医薬発明」の改訂について
2009年11月3日 早期権利化のための制度紹介(グリーン早期審査)
2009年11月2日 進歩性について (4) 近年の進歩性判断基準の傾向
2009年10月29日 2009年度休日パテントセミナーin名古屋のご報告
2009年10月22日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許4)
2009年10月14日 特許等の出願費用に対する資金的支援制度の紹介(第2回目)
2009年10月8日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許3)
2009年10月2日 早期権利化のための制度紹介(特許出願におけるその他の制度)
2009年9月24日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許2)
2009年9月18日 知的財産戦略を実行するメリット、持たない場合のデメリット
2009年9月9日 ヒット商品に見る知的財産権シリーズ(特許1)
2009年9月1日 特許侵害を主張する外資系企業との交渉について
2009年8月21日 早期権利化のための制度紹介(特許出願における面接制度)
2009年8月18日 シフト補正の禁止 国内優先権主張出願の場合の適用について
2009年8月15日 「特許戦略ポータルサイト」の紹介
2009年8月10日 特許権行使の戦略的な意味について
2009年8月7日 特許等の出願費用に対する資金的支援制度の紹介(第1回目)
2009年8月4日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第6回)
2009年7月16日 設計事項について
2009年7月13日 不正競争を根拠とする商品等表示の差止が認められた事例
2009年7月10日 早期権利化のための制度紹介(特許における早期審査制度)
2009年7月7日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第5回)
2009年7月1日 進歩性について (3)相違点に関する容易性の判断
2009年6月15日 拒絶理由通知について
2009年6月4日 他社に製品のデザインを真似されたら~意匠登録がない場合
2009年6月1日 進歩性について (2)本件発明の要旨認定~一致点・相違点の認定
2009年5月29日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第4回)
2009年5月11日 進歩性について (1)判断手順
2009年5月7日 審査請求料返還制度のご紹介
2009年4月28日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第3回)
2009年4月13日 中小企業等特許先行技術調査事業のご紹介
2009年4月9日 ソフトウエア特許について知財高裁が第一審の判断を取り消し認容判決(知財高裁平成21年2月18日(平成20年(ネ)第10065号))
2009年4月6日 審査請求料の納付繰延制度
2009年3月30日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第2回)
2009年3月26日 「特許検索ポータルサイト」の紹介
2009年3月20日 分割出願可能な時期について:改正法情報
2009年3月16日 特許出願技術動向の調査の活用
2009年3月12日 プログラムが「著作物」と認められない場合について
2009年3月6日 日本において全体意匠出願の後に部分意匠出願する場合の注意点
2009年2月27日 パラメータ特許のサポート要件に関する裁判例(第1回)
2009年2月6日 微生物の寄託について
2009年2月4日 早期権利化のための制度紹介(早期審査、早期審理、面接、他)
2009年1月13日 平成20年法律改正(平成20年法律第16号)解説書について
2009年1月5日 特許・実用新案の出願様式の変更についての詳細情報
2008年12月23日 特許・実用新案の出願様式の変更

ページの先頭に戻る

ホーム > 新着情報 > 著作権判例紹介:ときめきメモリアル事件、三国志III事件